ワイヤーブラシも効果的

掃除ラバーカップなどでは対処できないようなつまりの場合には、ワイヤーブラシを使って対処するのもおすすめです。このワイヤーブラシは、一般の掃除用ではなく、しっかりとした排水管の掃除に使用するワイヤーブラシを用意してください。細い金属でできたバネのような造りになっており、奥の奥までしっかりと入り込んで異物を取り出す事ができるような造りになっています。トイレだけでなくキッチンのシンクの詰まりなども処理することができますのでかなり使い勝手がよいアイテムですので購入しておいて損はないと思います。

購入する際にはある程度の強度があるもの、あとは長さが2メートルから3メートル程度の物を選ぶのがおすすめです。業務用のワイヤーブラシには10メートル近い物もありますが、そこまで長い物でしか対処できないような症状の場合には、素人には修理が難しいと言えますので、長くても3メートル程度の物を選ぶようにしてください。

また、ワイヤーブラシで対処する場合には、非常に水が周辺に飛びやすくなっています。大きなゴミ袋などで便器を覆って水を飛び散らないようにし、ワイヤーブラシが通る穴をあけてそこから対処すると、周りが汚れないのでおすすめです。

{ Comments are closed }

固形物が入っている場合

トイレのつまりの原因は携帯電話やひげそり、スマートフォン、歯磨き粉のような固形物の場合には、先ほどご紹介したお湯を使った対処法は効果がありません。お湯を流したとしても原因となる固形物を除去する事ができないからです。逆に固形物が奥にいってしまって回収が困難になる可能性などもありますので十分に見極める事が重要になります。

ラバーカップそのため、まずは原因をある程度予想する必要があります。携帯電話やスマートフォンなどを落としてしまったなど明確な原因が分かる場合はもちろん、ユニットバスなどの場合には、周りでなくなった物がないかを確認してください。自分で落とした記憶が無かったとしても、猫が落としてしまって、寝ぼけていた時や酔っぱらっていた時などに自覚していなくても落としてしまっている可能性もあります。

周りの物で明らかに無くなってしまった物があるような場合には、それらが原因の可能性があります。そのような場合には、トイレのつまりを治す道具として有名なラバーカップを使って中に入り込んでしまった固形物を取り出せるかチャレンジしてください。ラバーカップは、ホームセンターなどで購入する事ができます。トイレの排水溝の大きさを測ってその大きさにあった物を購入してください。


・・・ワイヤーブラシも効果的

{ Comments are closed }

トイレつまりの対処法

トイレトイレのつまりの対処法は、トイレのつまりの症状がどの程度なのかによって対処法が異なります。つまりの原因によっては、個人で十分に対処する事ができますので、症状が初期段階の場合には、比較的簡単に対処する事ができますので、まずは初期段階の対処方法についてご紹介します。

つまりが初期段階の場合には、お湯とバケツによる対処法が有効です。特に急につまった場合などは、蓄積された要因によってつまったわけではありませんので、比較的容易に対処する事ができます。やり方は簡単で、まずは40度くらいから熱くても60度くらいのお湯を沸かしてください。これ以上に熱いお湯ですと陶器で出来たトイレはひび割れなどを起こし、壊してしまう可能性がありますので温度に注意してください。熱過ぎたら水で温度を調整してください。

便器は陶器で出来ているため、熱に弱く、熱湯を注ぐと割れてしまう恐れもあります。
トイレ詰まりの解決方法として、お湯を使う時は、絶対にその原因が紙類であると断定できる時のみ、そして使用するお湯は40度くらいのぬるま湯をお使いください。

次に便器の水をなるべくかき出してください。バケツにトイレの水を非難させてなるべくトイレの中に水が無い状態にします。水がなくなりましたら、お湯を一気に流してください。できれば先ほどトイレの水を非難させた以外のバケツを用意してそこに大量のお湯を入れて排水溝に向かって細い滝のようなイメージで流し込むと効果的です。これを何度か繰り返す事で症状が改善しますので、ぜひ試してください。


・・・固形物が入っている場合

{ Comments are closed }

水回りのトラブルで多いトイレのつまり

突然訪れる水回りのトラブルは、それまで当たり前にできていた事ができなくなってしまうだけでなく、早く処理をしないと他の所まで影響を及ぼしてしまいますので注意が必要になります。特に溢れてしまっているような場合には、早急に対処しなければ周りが水浸しになってしまいますし、アパートやマンションの場合には、下の階の方に迷惑をかけてしまう事にもつながります。

業者水回りのトラブルが起こった時に最も重要視しなければいけないことは、完全でないにせよとにかくこのトラブルの起こった惨状を改善させることです。水が漏れているのなら水を止めてこれ以上悪化しないようにすべきですし、床に水が垂れてしまっているような場合には、水のふき取りも必要になるでしょう。また、現在起きている水回りのトラブルが一時的な物なのか、それとも自分でできる範囲のトラブルなのか、しっかりと水のトラブル関連の修理業者に任せなければいけないのかを判断する事も重要になります。

しかし、初めて水回りのトラブルに巻き込まれたという方の場合には、そのトラブルが一時的なもので時間がたてば改善するのか、自分でも治す事ができるトラブルなのか、もう修理業者に依頼しなければだめなのかの判断をつけるのは難しいと思います。そこでこちらのページでは、水回りのトラブルの中でも特に多いトイレ関連のトラブルを対処する方法についてご紹介します。いろいろな原因が考えられるトイレのつまりは特に多いトラブルになっていますのでぜひチェックしてみてください。


・・・トイレつまりの対処法

{ Comments are closed }