トイレトイレのつまりの対処法は、トイレのつまりの症状がどの程度なのかによって対処法が異なります。つまりの原因によっては、個人で十分に対処する事ができますので、症状が初期段階の場合には、比較的簡単に対処する事ができますので、まずは初期段階の対処方法についてご紹介します。

つまりが初期段階の場合には、お湯とバケツによる対処法が有効です。特に急につまった場合などは、蓄積された要因によってつまったわけではありませんので、比較的容易に対処する事ができます。やり方は簡単で、まずは40度くらいから熱くても60度くらいのお湯を沸かしてください。これ以上に熱いお湯ですと陶器で出来たトイレはひび割れなどを起こし、壊してしまう可能性がありますので温度に注意してください。熱過ぎたら水で温度を調整してください。

便器は陶器で出来ているため、熱に弱く、熱湯を注ぐと割れてしまう恐れもあります。
トイレ詰まりの解決方法として、お湯を使う時は、絶対にその原因が紙類であると断定できる時のみ、そして使用するお湯は40度くらいのぬるま湯をお使いください。

次に便器の水をなるべくかき出してください。バケツにトイレの水を非難させてなるべくトイレの中に水が無い状態にします。水がなくなりましたら、お湯を一気に流してください。できれば先ほどトイレの水を非難させた以外のバケツを用意してそこに大量のお湯を入れて排水溝に向かって細い滝のようなイメージで流し込むと効果的です。これを何度か繰り返す事で症状が改善しますので、ぜひ試してください。


・・・固形物が入っている場合