ラクトフェリンの効果:活性酸素抑制作用 。

  • HOME
  • ラクトフェリンの効果:活性酸素抑制作用 。

ラクトフェリンの効果:活性酸素抑制作用 。

ラクトフェリンの効果:活性酸素抑制作用 。


内臓脂肪を減らす。
子供の生活時間はゲームのせいで夜型になってます。学年が上がるにつれて就寝時刻が遅くなっている。



睡眠時間の減少により起きる時間も遅くなり朝食を食べないことが増えます。

10時以降に就寝する3歳児の割合は52%いて幼児の夜型化が問題である。
どうして睡眠が必要なのでしょうか?身体を休めるだけではなく、乳児の成長に大きな役割があります。乳児期から思春期において成長ホルモンによって背が高くなります。
身長を伸ばすのに大切なのはビタミンD、カルシウム、鉄。

カルシウムは歯や骨の原材料。



充分に摂取しないと骨が成長しない。12歳以下は1日に最低600mg推奨されている。


カルシムはミネラル同士が影響して吸収されるためバランスよく栄養を摂取すべき。

鉄:血液(赤血球)中のヘモグロビンとなり、酸素運搬の役割をはたしている。小学生の推奨摂取量は1日に5〜11.5mg。

13歳〜15歳は内臓は大きくなるため鉄が不足しがち。
ビタミンD:カルシウムの吸収に必要な成分。カルシウムを摂取してもビタミンDが不足すると骨が成長しにくい。くる病を発症することも。アルギニンが成長ホルモンを促進させると話題になっていますが、口から摂取しても効果がない。


カルシウムを摂取するなら乳製品がよいでしょう。
乳製品以外にも豆類もおすすめ。
鉄を効果的に摂りたいならヘム鉄が含まれている動物性たんぱく質がおすすめ。
ホウレンソウに含まれる鉄はビタミンCと一緒に摂取すると吸収アップ。
ビタミンDを摂取したいならしいたけやきくらげなどのキノコ類。
Copyright (C) 2014 ノビルンジャーは本当に効果がある? All Rights Reserved.

Page Top